育児

毎日スマホに接する乳幼児2割 4年前より倍増

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 スマートフォンにほとんど毎日接している乳幼児の割合が約2割に上り、4年前の前回調査に比べ2倍近く増えたことがベネッセ教育総合研究所の調査で分かった。育児にスマホの普及が進む一方で、外遊びや絵本など他の活動とのバランスは前回調査から大きな変化がなく、保護者の配慮がうかがえる結果となった。

 調査は3月、首都圏在住の6カ月から6歳までの乳幼児を持つ母親3400人を対象にインターネットで実施。母親のスマートフォン使用率は92%で、前回60%から大幅に伸びた。

 子どもがスマートフォンに接する頻度を問うたところ、「ほとんど毎日」と回答した割合は21.2%(前回11.6%)。「まったく見ない(使わない)」割合は28.6%(同46.9%)だった。1日あたりの使用時間は「15分未満」の割合が70%と前回の87%から減少し、15分以上接している子どもの割合が増加していた。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文782文字)

あわせて読みたい

注目の特集