メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「もったいない」に感銘受け制作へ 監督が来日会見

会見に臨んだダービド・グロス監督(中央)とゲストの井出留美さん(右)=糸井蓉子撮影

 まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」をテーマに日本で撮影するドキュメンタリー映画「MOTTAINAIキッチン」のダービド・グロス監督が来日し、世界食料デーの16日、東京都渋谷区恵比寿のクックパッド本社で制作発表を行った。映画は来年秋以降に日本で公開。MOTTAINAIキャンペーン事務局も後援する。

 グロス監督はヨーロッパの食品ロスを取り上げた前作「0円キッチン」の公開に合わせ1月に初来日した際に「日本のもったいない精神に感銘を受け、次作を日本で作ることを決めた」という。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです