メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

陳氏、中国副主席に内定 習氏の後継固まる

陳敏爾氏

 【北京・浦松丈二】18日に開会する中国共産党の第19回党大会の最高指導部人事で、習近平国家主席(64)の最側近として知られる陳敏爾(ちん・びんじ)・重慶市党委書記(57)が政治局常務委員(7人)に昇格し、来年3月の全国人民代表大会(国会)で国家副主席に就任することが内定した。中国筋が16日明かした。次世代指導者の陳氏が最高指導部の常務委員と国家副主席を兼務することで、5年後に国家主席の任期(2期)を迎える習氏の後継地位を固めることになる。

 中国憲法で、国家副主席は国家主席を補佐し、主席が空席になった時にそのポストを引き継ぐと定められている。習氏も前任の胡錦濤前国家主席も国家副主席と常務委員を1期5年間兼務してから国家主席に昇格している。

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです