キルクーク

中心部掌握か イラク軍、油田など制圧

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
キルクークの油田地帯に進軍するイラク軍部隊=イラク北部キルクークで2017年10月16日、ロイター
キルクークの油田地帯に進軍するイラク軍部隊=イラク北部キルクークで2017年10月16日、ロイター

 【カイロ篠田航一】イラク中央政府と北部クルド自治政府が帰属を争う油田都市キルクーク周辺に16日、イラク軍が進軍し、空軍基地や石油会社、油田、発電所などの重要施設を制圧した。英BBCなどは目撃者らの話として、イラク軍がキルクーク市中心部まで進み、県庁舎にも入ったと伝えた。イラク軍が市中心部も掌握した可能性がある。キルクーク県南部などではイラク軍と自治政府の治安部隊「ペシュメルガ」の衝突があり、死傷者も出ている模様だ。

 自治政府が9月にイラクからの分離・独立の是非を問う住民投票を強行し、双方の対立が先鋭化した問題は、武力衝突に発展した。イラク国営テレビによると「進軍は継続中」といい、交戦の拡大が懸念される。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文877文字)

あわせて読みたい

注目の特集