メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

トップ交代、制度定着化 習主席、影響力保持狙う

中国の国家主席、副主席の任期と年齢

 【北京・浦松丈二】18日開会の中国共産党大会を前に、習近平指導部が次世代指導者の陳敏爾(ちん・びんじ)・重慶市党委書記(57)を国家副主席に内定させたのは、副主席(党政治局常務委員)から国家主席(党総書記)に昇格させるトップ交代の手法を胡錦濤氏、習氏、陳氏と3代続け、中国の政治制度として定着させる狙いがあるとみられている。

 習氏が3期目の党総書記や毛沢東時代にあった党主席ポストの復活を目指しているとの観測が一部にあるため…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 映画 「愛と法」 日本社会の見えにくい問題を可視化したかった
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 全国障害者スポーツ大会 「仮面女子」猪狩ともかさん応援
  5. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです