メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

トップ交代、制度定着化 習主席、影響力保持狙う

中国の国家主席、副主席の任期と年齢

 【北京・浦松丈二】18日開会の中国共産党大会を前に、習近平指導部が次世代指導者の陳敏爾(ちん・びんじ)・重慶市党委書記(57)を国家副主席に内定させたのは、副主席(党政治局常務委員)から国家主席(党総書記)に昇格させるトップ交代の手法を胡錦濤氏、習氏、陳氏と3代続け、中国の政治制度として定着させる狙いがあるとみられている。

 習氏が3期目の党総書記や毛沢東時代にあった党主席ポストの復活を目指しているとの観測が一部にあるため…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文816文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]