メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊洲移転

来年9~10月…都が方針 直後から築地解体

豊洲市場(手前右)と築地市場(奥左)=東京都江東区で、本社ヘリから小川昌宏撮影

 東京都は16日、築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転時期を来年9~10月とする方針を決めた。今月末をめどに、都と市場業界団体による「新市場建設協議会」を開催し、協議する意向を業界団体の代表者に示した。都がこれまで「来年6月から秋」としてきた移転時期が、より具体的になった。

 豊洲への移転を巡っては、土壌汚染対策の追加工事で、都が発注した9件のうち1件が2回にわたり入札中止になっていたが、都は遅くとも来年7月までには工事を終えると説明。業界側から「商品が傷みやすい夏場の移転は避けてほしい」との要望もあり、移転時期を来年9~10月とした。

 さらに、移転直後の来年10月には築地市場の解体工事に着手することも明らかにした。2020年東京五輪・パラリンピックで選手村と都心を結ぶ環状2号線の一部や輸送拠点を築地市場の跡地に整備する。都の担当者は「東京大会の準備に支障が出ないぎりぎりのタイミング」と説明した。

 業界団体などは豊洲市場への移転前に、小池百合子知事が「安全宣言」を出すことを求めてきたが、担当者は「追加対策工事の完了や農相への認可手続きの状況を見て、最終的に都の意思として安全だと言っていきたい」と述べるにとどめた。【柳澤一男】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
  2. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  3. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  4. 大阪府警 勤務中不倫相手宅へ「出動」 警部尾行し特定 懲戒処分
  5. 東芝メモリ 売却中止検討 独禁法審査、中国承認遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]