フィギュアGPシリーズ

五輪シーズン 有力選手の勝負プログラムは…「お国柄」も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2シーズン前のフリーで「SEIMEI」を演じた羽生結弦。五輪連覇を狙う今季も同じ曲を演じる=手塚耕一郎撮影
2シーズン前のフリーで「SEIMEI」を演じた羽生結弦。五輪連覇を狙う今季も同じ曲を演じる=手塚耕一郎撮影

 来年2月の平昌五輪開幕まで4カ月を切った。フィギュアスケートは20日開幕のグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯から本格的なシーズンに入るが、多くのスケーターは9月から今月にかけて開催された国際大会などに出場し、既に五輪シーズンの勝負プログラムを披露している。

 男女の有力選手を見ると、いわゆる「お国柄」が表れたプログラムを用意した選手が目立つ。

この記事は有料記事です。

残り1638文字(全文1811文字)

あわせて読みたい

ニュース特集