メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

東京2020オリンピック1000日前イベント 毎日新聞本社ビル国旗デコレーション アスリートを集めたトークイベントも開催

国際オリンピック委員会加盟の206カ国・地域の旗がデコレーションされたビルの外観イメージ

 株式会社毎日新聞社(代表取締役社長 丸山昌宏)は、昨年1月、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京2020オフィシャルパートナー(新聞)契約を締結し、創刊145年の伝統の中で築いてきた報道やスポーツ事業の実績を礎に、東京2020大会の感動と共感の輪を広げ、スポーツの祭典を通じた平和、友好、平等の実現と進展に努めています。

 東京2020オリンピック開幕1000日前を記念し、10月28日(土)から11月5日(日)まで、毎日新聞社の本社があるパレスサイドビル(千代田区一ツ橋1の1の1)に、国際オリンピック委員会(以下IOC)に加盟する206の国・地域の旗を掲出する、毎日新聞本社ビル国旗デコレーション「世界は一つ ~東京2020オリンピック1000日前~」を実施します(掲出するのは、IOCが承認した各国・地域代表選手団の旗です)。

 1964年に開催された東京オリンピックでは、毎日新聞社は大会組織委員会(当時)にご協賛いただき、大会スローガンを募集いたしました。35万9935通の応募の中から、名古屋市内の中学2年生(当時)が応募した「世界は一つ 東京オリンピック」が採用され、全国に掲げられました。

 東京1964オリンピックから53年。今もなお力強いメッセージである「世界は一つ」の思いを国旗に託し、パレスサイドビルを彩り、東京2020オリンピックの機運醸成につなげてまいります。

 国旗掲出期間中には、パレスサイドビル名店街で、日本代表選手団の活躍や栄光を写真でお届けする『オリンピック報道写真展』も開催いたします。2017年度新聞協会賞(編集部門)を受賞し、リオ2016オリンピック陸上競技男子400メートルリレー日本代表の快挙を報じた「ボルトも驚がく 日本リレー史上初の銀」など約50点の写真を展示します。

 さらに、東京2020オリンピック1000日前当日となる10月28日には、公益財団法人日本オリンピック委員会(以下、JOC)と共催のトークイベント「挑む 東京2020へ」も開催いたします。

 第1部では、オリンピック・ムーブメントアンバサダーを務める伊藤華英さん(競泳)や小塚崇彦さん(フィギュアスケート)、小口貴久さん(リュージュ)による「オリンピック教室校外編」をお送りするほか、第2部では、リオ2016オリンピックメダリストで、東京2020オリンピックでの躍動が期待される伊藤美誠選手(卓球)、羽根田卓也選手(カヌー)、山県亮太選手(陸上競技)、加藤凌平選手(体操)に、東京2020オリンピックへの夢と意気込みを語っていただきます。

(1)毎日新聞本社ビル国旗デコレーション「世界は一つ~東京2020オリンピック1000日前~」

開催期間:10月28日~11月5日

会場:パレスサイドビル

実施内容:ビル皇居側側面にIOC加盟206国・地域の旗を掲出。1964年東京オリンピックの大会スローガン「世界は一つ」の思いをたなびく旗に託します。旗は、2.1メートル×1.4メートルの布製で、窓枠1枚につき、1枚の国旗を取り付けていきます。

※荒天等により日程を変更させていただくこともございます。

主催:毎日新聞社

後援:千代田区

協力:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、トヨタ自動車株式会社、株式会社アシックス、野村ホールディングス株式会社、キッコーマン株式会社、KNT-CTホールディングス株式会社、東京地下鉄株式会社、凸版印刷株式会社、日本郵便株式会社、日本航空株式会社

(2)オリンピック報道写真展

開催期間:10月28日~11月11日

展示時間:平日10時~21時、土日・祝日10~18時

会場:パレスサイドビル名店街(パレスサイドビル1階、地下1階)

実施内容:リオ2016オリンピック陸上男子400メートルリレー日本代表チームの快挙を伝えた「ボルトも驚がく 日本リレー史上初の銀」の大型写真(縦3メートル×横2メートル)をビル内に懸垂するほか、リオ2016オリンピックの報道写真を中心に約50点の報道写真を展示します。来年2月に韓国で開催される平昌2018冬季オリンピックを控え、フィギュアスケートなど、活躍が期待される日本選手の写真パネルも展示します。

主催:毎日新聞社

(3)JOC共催トークイベント「挑む 東京2020へ」

開催日時:10月28日13時半~15時半※開場予定13時

会場:毎日ホール(パレスサイドビル地下1階)

実施内容:第1部は、JOCが事業展開している「オリンピック教室」の校外編として開催。オリンピック・ムーブメントアンバサダーを招き、「オリンピック・ムーブメント」などについて解説いただきます。

 第2部では、東京2020オリンピックで活躍が期待される伊藤美誠選手(卓球)、羽根田卓也選手(カヌー)、山県亮太選手(陸上競技)、加藤凌平選手(体操)に、東京2020オリンピックに向けた夢や決意についてお話を伺います。司会は、スポーツキャスターの出光ケイさん。

<第1部出演者>伊藤華英さん(競泳)・小塚崇彦さん(フィギュアスケート)、小口貴久さん(リュージュ)

<第2部出演者>伊藤美誠選手(卓球)、羽根田卓也選手(カヌー)、山県亮太選手(陸上競技)、加藤凌平選手(体操)

主催:毎日新聞社

共催:公益財団法人日本オリンピック委員会

後援:千代田区

※参加申し込みは締め切っております

○本件、報道等に関してのお問い合わせ

  社長室 広報担当 

○事業に関するお問い合わせ

  オリンピック・パラリンピック室 

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです