メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

くるみ割り人形 ヒロインは少女か女王か

東京バレエ団によるベジャール版「くるみ割り人形」の1場面。12月16、17日、東京文化会館で再演される=長谷川清徳撮影

 歳末が近づくと、バレエ公演はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」一色になる。少女が聖夜に見た夢を描く、ホフマン原作のファンタジー。家族連れに薦めたいが、演出によってプリマバレリーナの出番が大きく異なるため、注意も必要だ。

 演出はバレエ団の数だけあるものの、大別すればヒロインが「2人」か「1人」か、に二分される。帝政ロシア時代の原版は、前者だった。まず登場するのは、クリスマスにくるみ割り人形をもらう少女で、子役もしくは小柄なダンサーが演じる。醜い人形がねずみの軍団を退治し、王子の姿に戻って少女を夢の世界へ導くと……。プリマバレリーナが女王(役名は「金平糖の精」など)として出迎え、全幕の白眉(はくび)であるグラン・パ・ド・ドゥ、つまり主演男女の踊りを見せるのだ。物語の主人公は少女で、バレエの主役は金平糖、とも言えるだろう。

 女王の役割は、少女の憧れを体現すること。曇りのない技術によって「真善美」の輝きを象徴しなければなら…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです