メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

落語家 柳家花緑の「中村仲蔵」 チャレンジ精神、共感

=藤井太郎撮影

 自らの創意工夫で、それまで観客の注目を集めなかった役を作り替え、後世に名優として名を残す。実在した歌舞伎俳優、初代中村仲蔵(1736~90年)の芸道苦心談に材を取った落語が「中村仲蔵」。この噺(はなし)で1999年度彩の国さいたま芸術劇場「拾年百日亭」大賞を取った柳家花緑は、「僕を上げてくれ、分岐点になった」と振り返る。「チャレンジする、道なき道を歩もうとする仲蔵に、とても共感します」。落語と歌舞伎の違いはあれど、共に芸に生きる者として思いを込める。

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1190文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです