メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

落語家 柳家花緑の「中村仲蔵」 チャレンジ精神、共感

=藤井太郎撮影

 自らの創意工夫で、それまで観客の注目を集めなかった役を作り替え、後世に名優として名を残す。実在した歌舞伎俳優、初代中村仲蔵(1736~90年)の芸道苦心談に材を取った落語が「中村仲蔵」。この噺(はなし)で1999年度彩の国さいたま芸術劇場「拾年百日亭」大賞を取った柳家花緑は、「僕を上げてくれ、分岐点になった」と振り返る。「チャレンジする、道なき道を歩もうとする仲蔵に、とても共感します」。落語と歌舞伎の違いはあれど、共に芸に生きる者として思いを込める。

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1190文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]