メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄・米軍ヘリ炎上

ヘリ再開 「米軍、1週間で飛ばすとは」 沖縄県民、政府対応にも怒り

 事故からわずか1週間で飛行が再開された。沖縄県東村(ひがしそん)の牧草地に米軍の大型輸送ヘリコプターCH53Eが不時着・炎上した事故。飛行停止を求めていた沖縄側の声を無視し、十分な説明もないまま18日、同型機の飛行再開を強行した米軍と、対応が後手に回る日本政府に対し、県民からは怒りの声が上がった。

 「事故原因も発表されないまま1週間で再開するなんて、米軍は沖縄県民をなんと思っているのか」。事故機が所属する米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)に隣接する宜野湾市立普天間第二小学校の元校長で、…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山陽新幹線、2回緊急停車させる 威力業務妨害容疑で59歳男逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです