メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「MOTTAINAIキッチン」撮影準備 日本の「もったいない」に感銘 監督らトークイベント 渋谷 /東京

「日本の『もったいない』という言葉に感銘を受けた」と話すダービド・グロス監督(左)と、井出留美さん=渋谷区の「クックパッド」本社で

 まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」をテーマに、オーストリア出身のダービド・グロス監督(39)が来日し、日本を舞台にした映画の撮影準備を進めている。タイトルは「MOTTAINAI(もったいない)キッチン」。世界食料デーの16日には、グロス監督らによるトークイベントが、渋谷区の「クックパッド」本社で開かれた。

 前作の「0円キッチン」(2015年)では、グロス監督自らが捨てられる食材の「救出人」として登場。廃油で走るエコカーに改造キッチンを搭載して欧州5カ国をめぐり、集めた食材を料理して人々に振る舞う様子が描かれた。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  4. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです