メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「MOTTAINAIキッチン」撮影準備 日本の「もったいない」に感銘 監督らトークイベント 渋谷 /東京

「日本の『もったいない』という言葉に感銘を受けた」と話すダービド・グロス監督(左)と、井出留美さん=渋谷区の「クックパッド」本社で

 まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」をテーマに、オーストリア出身のダービド・グロス監督(39)が来日し、日本を舞台にした映画の撮影準備を進めている。タイトルは「MOTTAINAI(もったいない)キッチン」。世界食料デーの16日には、グロス監督らによるトークイベントが、渋谷区の「クックパッド」本社で開かれた。

 前作の「0円キッチン」(2015年)では、グロス監督自らが捨てられる食材の「救出人」として登場。廃油で走るエコカーに改造キッチンを搭載して欧州5カ国をめぐり、集めた食材を料理して人々に振る舞う様子が描かれた。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです