決戦の現場

’17衆院選 6区 与野党が一騎打ち /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
街頭演説に集まった聴衆=大阪府守口市で、池田一生撮影
街頭演説に集まった聴衆=大阪府守口市で、池田一生撮影

 大阪6区(門真市、守口市など)は共産と維新が候補者擁立を見送り、自民の推薦を受けた公明前職と立憲民主の元職による、与野党一騎打ちとなった。伊佐氏が自公政権の継続を訴える一方、共産や社民からも支援を受ける村上氏は政権の打倒を掲げる。3回目となる両氏の対決は、安倍政権に対する有権者の判断が、勝敗に直結しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1035文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集