メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保違憲訴訟

国は棄却求める 地裁、第1回口頭弁論 /鹿児島

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法は違憲で、平和的生存権を侵害され精神的苦痛を受けたなどとして県内に住む22人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が17日、鹿児島地裁(秋吉信彦裁判長)であった。国側は「平和的生存権は抽象的なもので、裁判で救済が得られるものではない…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです