メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保違憲訴訟

国は棄却求める 地裁、第1回口頭弁論 /鹿児島

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法は違憲で、平和的生存権を侵害され精神的苦痛を受けたなどとして県内に住む22人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が17日、鹿児島地裁(秋吉信彦裁判長)であった。国側は「平和的生存権は抽象的なもので、裁判で救済が得られるものではない…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです