メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保違憲訴訟

国は棄却求める 地裁、第1回口頭弁論 /鹿児島

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法は違憲で、平和的生存権を侵害され精神的苦痛を受けたなどとして県内に住む22人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が17日、鹿児島地裁(秋吉信彦裁判長)であった。国側は「平和的生存権は抽象的なもので、裁判で救済が得られるものではない…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  5. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです