安保違憲訴訟

国は棄却求める 地裁、第1回口頭弁論 /鹿児島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法は違憲で、平和的生存権を侵害され精神的苦痛を受けたなどとして県内に住む22人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が17日、鹿児島地裁(秋吉信彦裁判長)であった。国側は「平和的生存権は抽象的なもので、裁判で救済が得られるものではない…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

ニュース特集