メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU機関

熱い争奪戦 ロンドンの本部移転 経済効果狙い、立候補続々

スロバキアが欧州医薬品庁を誘致予定の再開発地域「ウエストエンド」。2019年の全面開業に向けて工事が進められている=ブラスチラバで2017年9月29日午前9時3分、三木幸治撮影

 【ブラチスラバ三木幸治、ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)は17日、英国を除く27加盟国で総務理事会を開き、ロンドンに本部を置くEU機関の欧州医薬品庁(EMA)と欧州銀行監督機構(EBA)の移転先を協議した。移転先に名乗りを上げているのはEMAに19都市とEBAに8都市。公的機関の存在は関連産業の集積による経済効果を生むため、争奪戦がヒートアップしている。

 スロバキアの首都ブラチスラバ中心部から車で10分の再開発地域「ウエストエンド」。「ここはEMAの移…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです