メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁裁判官国民審査

「憲法の番人」見極めて

 最高裁裁判官の国民審査が22日の衆院選投票と同時に行われる。今回の対象は、前回衆院選(2014年12月)後に任命された7人。「憲法の番人」にふさわしい人か、有権者が直接意思表示できる唯一の機会だ。審査対象となる各裁判官へのアンケートに対する回答を踏まえ、横顔や担当した裁判などを紹介する。(敬称略)【伊藤直孝】

 最高裁は「司法・立法・行政」の三権のうち司法の最終判断を担い、憲法や法律の解釈は「判例」となって地…

この記事は有料記事です。

残り4163文字(全文4369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  3. 横浜市 指定ごみ袋導入へ 分別簡略化と温暖化対策 /神奈川

  4. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです