震災特集

防災訓練、リアルに 震災経験者が考案、脱出ゲーム応用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <いのちを守る>

 室内・屋外を移動しながら謎解きをする「脱出ゲーム」をご存じだろうか。若い人を中心に人気のあるこのゲームと防災訓練を融合させた「防災アトラクション」を考案したのが、大阪市のイベント企画会社「フラップゼロα」の代表取締役で、阪神大震災を経験した松田哲さん(45)だ。「若い人に防災の大切さを知ってほしい」との思いを込めたアトラクションは、訓練の形骸化や参加率低迷に悩む全国の自治体・学校から引っ張りだこになっている。

 「皆さんに残された時間は30分です」。巨大災害の発生が迫っていることを告げるニュース映像が大画面に映し出され、カウントダウンが始まると、参加者の顔から一瞬で笑みが消えた。9月29日、同市内のイベントホールで開かれた防災アトラクションの一幕だ。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1305文字)

あわせて読みたい

注目の特集