特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

フェイスブックが投稿分析 「希望」言及が急減

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
フェイスブック上で最も言及された政党の推移
フェイスブック上で最も言及された政党の推移

 22日投開票の衆院選で、SNS大手のフェイスブックは、サイト上で公開されている投稿を分析し、「最も言及された選挙関連の話題」「最も言及された政党」を初めて公表した。公示前後の投稿を分析したもので、選挙関連の話題のうちトップは公示前後ともに安全保障の話題だった。

 分析は公示前の30日間(9月11日~10月10日)、公示後5日間(10月11~15日)で実施。投稿への賛意を示す「いいね!」や「シェア」も含めた。内容は分析しておらず、各話題や政党への賛否は分からないという。

 政党については、小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」が公示前、64%でトップだったが、公示後は19ポイント減の45%で2位に。報道各社の世論調査で、希望の党は「失速」が伝えられており、フェイスブック利用者の傾向と符合していると言えそうだ。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文913文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る