防災教育

ARで津波や火事「体験」 児童「怖かった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
火災を想定した訓練で、ARで合成された煙を避けるため身を低くして避難を行う生徒ら=静岡県掛川市千浜の市立千浜小学校で
火災を想定した訓練で、ARで合成された煙を避けるため身を低くして避難を行う生徒ら=静岡県掛川市千浜の市立千浜小学校で

 津波や火事などを仮想体験することで「自分の身にも起こりうる」と認識してもらおうと、AR(拡張現実)を活用した防災教育が教育現場で行われている。ARは、現実の風景にコンピューターグラフィックス(CG)を加える技術で、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」でも用いられている。

 静岡県掛川市千浜の市立千浜小学校で13日、県内で初めてARを活用した防災講座が行われ、6年生24人が体験した。赤外線センサーがついたスマートフォンで専用のアプリを…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

あわせて読みたい

注目の特集