メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソマリア

テロ死傷者700人に アルカイダ系脅威改めて

空港でトルコ軍機による搬送を待つ爆弾テロの民間人負傷者ら=ソマリアの首都モガディシオで16日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】ソマリアの首都モガディシオで14日に起きた爆弾テロは死傷者が約700人に達した。イスラム過激派アルシャバブのテロは日常化しているが、今回の被害は世界的にも最悪規模だ。国際テロ組織アルカイダ系武装勢力の脅威が改めて浮き彫りになった。

 AP通信は警察の話として、死者数が300人を超え400人近くが負傷し、行方不明者も多数と報じた。2003年のイラク戦争開始以来、最悪とされる昨年7月にバグダッドで起きた爆弾テロ(死者300人以上)に匹敵する被害だ。

 現場はモガディシオ中心部の交差点。爆弾満載のトラックで近くの外務省を狙ったとみられるが、検問を逃れ…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文639文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 元「モー娘。」メンバー、立憲新人の市井氏が比例で落選
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです