メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソマリア

テロ死傷者700人に アルカイダ系脅威改めて

空港でトルコ軍機による搬送を待つ爆弾テロの民間人負傷者ら=ソマリアの首都モガディシオで16日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】ソマリアの首都モガディシオで14日に起きた爆弾テロは死傷者が約700人に達した。イスラム過激派アルシャバブのテロは日常化しているが、今回の被害は世界的にも最悪規模だ。国際テロ組織アルカイダ系武装勢力の脅威が改めて浮き彫りになった。

 AP通信は警察の話として、死者数が300人を超え400人近くが負傷し、行方不明者も多数と報じた。2003年のイラク戦争開始以来、最悪とされる昨年7月にバグダッドで起きた爆弾テロ(死者300人以上)に匹敵する被害だ。

 現場はモガディシオ中心部の交差点。爆弾満載のトラックで近くの外務省を狙ったとみられるが、検問を逃れ…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです