メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソマリア

テロ死傷者700人に アルカイダ系脅威改めて

空港でトルコ軍機による搬送を待つ爆弾テロの民間人負傷者ら=ソマリアの首都モガディシオで16日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】ソマリアの首都モガディシオで14日に起きた爆弾テロは死傷者が約700人に達した。イスラム過激派アルシャバブのテロは日常化しているが、今回の被害は世界的にも最悪規模だ。国際テロ組織アルカイダ系武装勢力の脅威が改めて浮き彫りになった。

 AP通信は警察の話として、死者数が300人を超え400人近くが負傷し、行方不明者も多数と報じた。2003年のイラク戦争開始以来、最悪とされる昨年7月にバグダッドで起きた爆弾テロ(死者300人以上)に匹敵する被害だ。

 現場はモガディシオ中心部の交差点。爆弾満載のトラックで近くの外務省を狙ったとみられるが、検問を逃れるため急加速し柵に激突して爆発。停車中だったタンクローリーに搭載したガソリンに引火したという。犯行声明は出ていないがソマリア政府はアルシャバブの犯行と断定。米国務省は非難声明を出し、グテレス国連事務総長も過激主義に対する団結を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  3. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです