メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再就職支援

不適切に助成金支給 国が企業に4400万円

 企業が従業員の再就職支援を人材紹介会社に委託した場合に得られる国の助成金を巡って、少なくとも13都道府県の146人が委託先の支援を全く受けることなく再就職していたのに、国が企業側に計約4400万円を不適切に支給していたことが、会計検査院の調べで分かった。検査院は所管の厚生労働省に対し、再就職に至る一連の経過を十分確認するよう改善を求めた。

 この助成金は「再就職支援奨励金」。人材紹介会社による面接指導や履歴書作成支援、マッチングなどで早期の再就職につなげることを目的としている。企業側は委託を開始した時と、再就職の実現時にそれぞれ委託費用の一部助成を得ることができる。2016年度の支給実績は約20億円。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです