イラク

さらに進軍 クルド支配地区、重要施設制圧

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラク北部ニナワ県に進軍するイラク軍=ニナワ県ズマルで2017年10月18日、ロイター
イラク北部ニナワ県に進軍するイラク軍=ニナワ県ズマルで2017年10月18日、ロイター

 【カイロ篠田航一】イラク北部クルド自治政府が実効支配していた油田地帯キルクークを巡る帰属争いで、イラク中央政府軍は全域を掌握したキルクークに続き、19日までに自治区に隣接するニナワ県やディヤラ県にも進軍した。ロイター通信によると、モスル近郊の水力発電用ダムなどの重要施設も次々に制圧。自治政府の治安部隊「ペシュメルガ」は目立った抗戦をせずに撤退した模様だ。

 2014年に過激派組織「イスラム国」(IS)が自治区周辺で台頭した際、キルクークを含む多くのイラク北部地域では敗走するイラク軍に代わってペシュメルガがISを撃退し、そのままクルド側が実効支配に入った経緯がある。イラク軍は今回の進軍で、「本来」の管轄エリアを取り戻しつつある格好だ。双方の大きな衝突は伝えられていない。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文670文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集