メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・アーティスト

グレゴリー・ポーター ナットと僕の愛のあかし

グレゴリー・ポーター=ユニバーサルミュージック提供

 グレゴリー・ポーターは、少年時代に父親不在の寂しさをナット・キング・コールの歌で埋めた。“起き上がって、ほこりを払い、初めからやり直そう”という歌詞に胸を熱くし、奮起した。理想の父親像として彼に憧れ、ラブソングを父から息子への愛ある教訓として聴き、そして、歌い方を学んだ。

 新作「ナット・キング・コール・アンド・ミー」は、そんなグレゴリーが恩人にささげるオマージュだ。風格あるバリトンボイスで、「モナ・リザ」や「スマイル」を歌うが、全てが彼の代表曲ではない。グレゴリーにとって意味のある曲が選ばれている。なかにはナットの弟フレディのせつない歌もある。

 グレゴリーは、ブロードウェーミュージカルを経て、ソロシンガーに転向した。2013年にブルーノートレ…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1120文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです