メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

「宇宙戦隊キュウレンジャー」の脚本家 毛利亘宏さん 「強い戦隊に」原点回帰

毛利亘宏さん

 「最初に話を頂いた時、『9人ですか?』と二度聞きしました」

 スーパー戦隊シリーズの41作目「宇宙戦隊キュウレンジャー」(テレビ朝日系日曜午前9時半)は、過去最多の9人の初期メンバーで2月から放送している。昨年、脚本のメインライターに選ばれた際、設定を聞いて思わずびっくりした。

 1975年に「秘密戦隊ゴレンジャー」で始まった同シリーズは5人組が基本。9人という新機軸に「とにかく強い戦隊を作り、明確に敵を倒すという戦隊の原点に戻ろう」という思いを込めた。

 その言葉通り、敵は全宇宙を支配する強大な悪の組織。星座の力を駆使する9人の戦士は12人に増え、宇宙…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです