医療ミス

がん兆候共有されず 名大病院、50代男性が死亡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 名古屋大病院(名古屋市昭和区)は19日、コンピューター断層撮影(CT)検査で大腸がんの兆候が見られたのに、医師の間で情報が共有されなかった結果、治療が約7カ月遅れて50代の男性が死亡する医療ミスがあったことを明らかにした。

 同病院によると、男性は2014年1月、体調不良を訴えて救急外来で受診。CT…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集