衆院選2017

投票日、大雨の恐れ 台風接近、「期日前」呼びかけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本付近に停滞する前線などの影響で、衆院選は全国的に雨の中での戦いが続いている。台風21号も近付いており、投開票される22日も西日本から北日本にかけて広い範囲で大雨となる可能性がある。有権者の出足が鈍って投票率が下がることが懸念され、台風の影響が大きいと予想される地域では、期日前投票の利用呼びかけや離島での投票日繰り上げの検討などを始めた。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文636文字)

あわせて読みたい

注目の特集