メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャンシャン共和国

パンダの赤ちゃんと名前一緒 室蘭の商店街、地域活性化に意気込み 限定商品も /北海道

「シャンシャン共和国」の記念碑=室蘭市で

 東京・上野動物園に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんが「シャンシャン(香香)」と名付けられ、室蘭市中島町の通称・シャンシャン通りの商店街「シャンシャン共和国」が盛り上がっている。約30店加盟のシャンシャン共和国商店街振興組合(斉藤弘子・理事長大統領)では「アイデアを出し合い、地域活性化につなげたい」と意気込む。

 この共和国は、室蘭市の中心部にある衣料品や電化製品、呉服、飲食店などの商店街。1985年6月、遊び…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです