狂言

精華小の260人学ぶ 茂山逸平さんら招く 多治見市文化会館 /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
茂山逸平さん(左)から泣き方を教わる児童たち
茂山逸平さん(左)から泣き方を教わる児童たち

 多治見市立精華小学校の5、6年生約260人が18日、同市十九田町のバロー文化ホール(市文化会館)で狂言を学ぶワークショップや狂言鑑賞を楽しんだ。

 芸術文化による地域づくりを支援する一般財団「地域創造」の助成を受けて同会館が開いたアウトリーチ(出張サービス)の一環。市内の小学校教諭から「6年の国語で狂言『柿山伏』の単元があるがDVD鑑賞で終わってしまう」との声が上がったことを受けて、実際の舞台を見てもらおうと、若い人にも人気がある京都の茂山千五郎家(大蔵流…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

あわせて読みたい

注目の特集