アスベスト

石綿訴訟 2遺族に計2841万円 地裁で国が和解 /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国がアスベスト(石綿)対策を怠ったため、大手建材メーカー「ニチアス」の羽島工場で働いていた元従業員の男女2人が死亡したとして、遺族が国に損害賠償を求めていた訴訟は18日、岐阜地裁(池町知佐子裁判長)で和解が成立した。国は女性の遺族に1411万円、男性の遺族に1430万円を支払う。

 昨年9月と今年1月に遺族が提訴していた…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文328文字)

あわせて読みたい

注目の特集