竹灯籠

萩の城下照らす4000本 21、22日イベント /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
7日、萩市の香雪園で幻想的な明かりを楽しむ人たち
7日、萩市の香雪園で幻想的な明かりを楽しむ人たち

 萩市の城下町を約4000本の竹製灯籠(とうろう)でともす「萩・竹灯路(たけとうろ)物語プレミアム」(実行委主催)が21、22両日にも開かれる。今月初旬から週末のイベントとして始まり、幻想的な光で世界遺産に登録された街並みを浮かび上がらせている。

 約260年にわたり毛利氏の城下町として栄えた市内のう…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

あわせて読みたい

注目の特集