玄海原発

周辺住民検診 早急に結果報告を 対策会議、唐津市長に要請書 /佐賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北部検診問題についての要請書を提出する成冨会長(右)ら
北部検診問題についての要請書を提出する成冨会長(右)ら

 原発ゼロを目指して、九州電力玄海原発3、4号機(玄海町)の再稼働に反対する「玄海原発対策住民会議」の成冨忠良会長(76)らが18日、唐津市の峰達郎市長宛てに要請書を提出した。玄海原発から3キロ周辺の住民を対象に実施された北部検診問題について質問し、今月末までの文書での回答と説明の場を設けることを求めた。

 要請書では同市鎮西町串地区で実施した住民検診の結果報告を早急に実施主体の唐津東松浦医師会に要請し市議会に報告することや、医師会による市議会での公開説明を求めている。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文497文字)

あわせて読みたい

注目の特集