メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

共産党大会 「社会主義強国」へ 新時代の国家像提示 習氏、改革開放の先見据え

 中国の習近平総書記(国家主席)は18日、第19回共産党大会の開会式の党中央委員会報告(政治報告)で、毛沢東、トウ小平の「偉業の継承者」として改革開放の先に見据える新時代の富強路線を宣言した。経済、外交戦略にとどまらず道徳などあらゆる分野の政策目標を設定。激化する地域・国家間の競争を勝ち抜き、世界をリードする地位を確立するための「国家総動員体制」を強く印象づけた。

 習氏は3時間半に及ぶ異例の長さの政治報告で「新時代」と何度も繰り返した。習氏の太い声と聴衆の拍手が響く会場の人民大会堂は「習時代」の本格到来を自ら告げる舞台となった。

この記事は有料記事です。

残り1376文字(全文1643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです