メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

習1強を囲む虎と狼=坂東賢治

 <moku-go>

 5年に1度の中国共産党大会が開幕した。中国の要人執務区である中南海から会場の人民大会堂までは車も通れる地下通路で結ばれていると言われる。冷戦期には核シェルターとして周辺に巨大な地下街も建設された。地下通路の存在は公然の秘密だ。

 警備強化や交通規制で北京市民はしばらく忍耐を迫られる。渋滞が慢性化している道路はマヒ状態。地下鉄の入り口には安全検査を待つ通勤客で長蛇の列だ。だが、地下通路がなければもっと悲惨な状況になっているだろう。

 最高指導部の政治局常務委員は公務員の最高等級の「国家級正職」と位置づけられ、国家元首と同等の待遇を…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです