メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

再交渉 年明けも交渉難航必至 離脱ちらつかせる米政権

第4回会合終了後に記者会見するUSTRのライトハイザー代表(中央)とカナダのフリーランド外相(左)、メキシコのグアハルド経済相=米ワシントン市内で17日、清水憲司撮影

 【ワシントン清水憲司】米国とカナダ、メキシコの3カ国は17日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の年内妥結を断念した。トランプ政権の一方的な要求への反発が高まり、交渉が難航しているためだ。米国が離脱する最悪の事態を想定した動きも出始めた。

 「両国の抵抗に驚き、落胆させられた。米国の貿易赤字削減につながる見直しに前向きな兆しがみられない」。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は7日間にわたる第4回会合後の記者会見で不満をあらわにした。「米企業に両国への投資を促し続けるのは理屈に合わない」とも述べ、トランプ氏が繰り返し唱える協定離脱の可能性をちらつかせた。

 難航の原因は、相手国が容認できないような提案を突き付ける米国の姿勢だ。米国は国内製造業の振興のため…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです