メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

久松猛朗さん=第30回東京国際映画祭のフェスティバル・ディレクター

久松猛朗(ひさまつ・たけお)さん(63)

 柔らかい物腰が印象的だ。変化の激しい映画界で、興行、宣伝、プロデュースなど、さまざまな職種を経験してきた。30代で米ロサンゼルスのリトルトーキョーにある映画館の支配人も務めた。「映画を作る側と見てもらう側、業界の表裏を見てきた」と自負する。

 1985年に始まった東京国際映画祭も30回の節目を迎えた。「カンヌやベルリンなどの大きな映画祭を追いかける気はない。東京という街が持つ、ポップな要素と伝統的な要素を結びつけ、都市の魅力を反映した映画祭にしたい」と意気込む。

 興行の最前線を歩み、「製作費を回収できなければ次作を作れず、映画産業は衰退する」というシビアな思い…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです