特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-屋敷伸之九段 第21局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

角に体当たり

 4四角を3五にかわされた図の局面。ここで「[先]7六歩を打とうかと思ったんですけど……」と感想戦で深浦は言う。以下[後]同飛[先]4六銀引[後]7七飛成[先]同金上[後]1三角[先]7一飛と進めば先手がよさそうにも思えるが、ここで[後]3六角と打つ手がピッタリだという。4七への成りを見せつつ遠く自陣の桂にひもを付けており「7一の飛も危ない格好で、何か悪そうな気がします」と深浦は言う。

 30分の考慮の末に、深浦は[先]4六銀上と角に体当たりする手を選んだ。[後]1三角と逃げた手で[後]7七飛成[先]同金上と切ってから[後]1三角と逃げるのは[先]1六歩と突かれ、「これは先手の持ち歩の数が大きそうです」と屋敷は言う。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文653文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集