メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沸騰水型原発

冷却装置、追加義務化 原子力規制委

 東京電力の福島第1原発や柏崎刈羽原発(新潟県)などの沸騰水型原発について、原子力規制委員会は18日、重大事故時に原子炉格納容器の破損を防ぐための新たな炉内冷却装置の設置を義務化することを決めた。国民からの意見公募を経て、年内にも原発の規制基準の規則を改定する。

 沸騰水型は格納容器の容積が比較的小さく、冷却機能が失われると炉心温度の上昇で内圧が高まりやすい。現行の規制基準では、放射性物質…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  4. ORICON NEWS 天才演じる石原さとみ「私は普通の人」 峯田和伸の“取説”に興味津々
  5. 沖縄慰霊の日 「辺野古移設、平和に逆行」翁長知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]