メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沸騰水型原発

冷却装置、追加義務化 原子力規制委

 東京電力の福島第1原発や柏崎刈羽原発(新潟県)などの沸騰水型原発について、原子力規制委員会は18日、重大事故時に原子炉格納容器の破損を防ぐための新たな炉内冷却装置の設置を義務化することを決めた。国民からの意見公募を経て、年内にも原発の規制基準の規則を改定する。

 沸騰水型は格納容器の容積が比較的小さく、冷却機能が失われると炉心温度の上昇で内圧が高まりやすい。現行の規制基準では、放射性物質…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです