メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

自分なりの軸持ち選択を 学生団体「ivote」事務局長・澤木菜摘さん(21)

澤木菜摘さん=小川昌宏撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 高校時代から国際情勢に関心がありました。進学した青山学院大国際政治経済学部の講義で、米国の学生は大統領選の演説会や討論会に主体的に参加していることを知りました。日本の学生は選挙演説を聴(き)くこともあまりありません。日米の学生の意識や行動力の差に驚(おどろ)き、自分自身も何かしたいと考えていたところ、若者に投票を呼(よ)び掛(か)けるivoteの活動をインターネットで見つけ、昨秋から参加しています。

 具体的には小中高校での模(も)擬(ぎ)選挙や、政治家を飲み会に招いてざっくばらんに話をする「居酒屋ivote」などを行っています。

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです