メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

将棋の「天才」の育て方 長期の訓練で「直観」成長

将棋の一手 その時、脳は?

 史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段(15)の活躍で、子どもの間で将棋がブームになっている。一方、「将棋に強くなれば勉強も得意になるのか?」「どうしたら藤井四段のような天才が育つのか?」が気になるところ。こうした親の疑問を科学的に調べた。【斎藤有香】

 ●脳の特定部分活発

 プロとアマチュアで、脳の仕組みに違いはあるのか。理化学研究所などのチームは2011年、プロ棋士とアマチュア(四段程度)の計約30人を対象に、詰め将棋の問題を解いている際の脳の活動を機能的磁気共鳴画像化装置(fMRI)で調べた。対象者に問題=図=を1秒見せ、最も適切だと思う初手を四択から2秒以内で選んでもらった。

 その結果、プロ棋士の脳では、盤面の状況を見た時、後頭部に近い大脳皮質にある「楔前部(けつぜんぶ)」…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1749文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]