メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

将棋の「天才」の育て方 長期の訓練で「直観」成長

将棋の一手 その時、脳は?

 史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段(15)の活躍で、子どもの間で将棋がブームになっている。一方、「将棋に強くなれば勉強も得意になるのか?」「どうしたら藤井四段のような天才が育つのか?」が気になるところ。こうした親の疑問を科学的に調べた。【斎藤有香】

 ●脳の特定部分活発

 プロとアマチュアで、脳の仕組みに違いはあるのか。理化学研究所などのチームは2011年、プロ棋士とアマチュア(四段程度)の計約30人を対象に、詰め将棋の問題を解いている際の脳の活動を機能的磁気共鳴画像化装置(fMRI)で調べた。対象者に問題=図=を1秒見せ、最も適切だと思う初手を四択から2秒以内で選んでもらった。

 その結果、プロ棋士の脳では、盤面の状況を見た時、後頭部に近い大脳皮質にある「楔前部(けつぜんぶ)」…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1749文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです