メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

共産党、規律違反153万人処分 過去5年に

 【北京・河津啓介】中国の楊暁渡・監察相は19日、第19回中国共産党大会に合わせて記者会見し、習近平指導部が発足した2012年以降の5年間で、汚職などの規律違反によって計約153万7000人の党員を処分し、うち約5万8000人を司法機関に送致したと明らかにした。成果を誇示した楊氏は、党大会後の習指導部2期目も「トラ(大物幹部)もハエ(末端官吏)も共にたたく」とする反腐敗運動を継続すると強調した。

 楊氏は党の腐敗を取り締まる中央規律検査委員会(中規委)の副書記でもある。楊氏は会見で、5年間に党や軍の指導者、閣僚らが名を連ねる党中央委員、中央候補委員計43人が立件・捜査対象となったと明らかにした。最高指導部経験者の周永康・元政治局常務委員▽軍制服組トップだった郭伯雄・元中央軍事委員会副主席▽次世代指導者候補とされていた孫政才・前重慶市党委員会書記--らを摘発した実績を強調した。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后美智子さま、86歳に コロナで外出控え「泰然自若と」

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  4. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  5. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです