メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西室泰三さん死去

東芝、郵政で改革率先

東京証券取引所に上場後、記者会見する西室泰三・日本郵政社長=東京・日本橋兜町の東京証券取引所で2015年11月4日午前10時34分、丸山博撮影

 亡くなったのが18日に分かった西室泰三さんは東芝、東京証券取引所、日本郵政と日本を代表する巨大企業の経営トップに就くたびに組織が抱える課題に真正面から向き合い、改革に率先して動く人だった。

 西室さんは1961年に東芝に入社。主力の原発など重電部門の経験はなかったが、米国駐在が長く、滑らかな英語で粘り強い交渉をやり抜く「タフネゴシエーター」として評価され、96年に8人抜きで社長に就任すると、タフネゴシエーターの一面は社内にも向けられた。

 98年9月中間決算で半導体の不振などから戦後初の経常赤字に転落するなどし、経営改革は待ったなしに。…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです