メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆ドーム

「集大成」の絵 被爆画家が小学校に贈る

[PR]

 原爆げんばくドームを30年以上描ねんいじょうかつづけてきた広島市ひろしまし原広司はらひろしさん(86)が5いつか児童約じどうやく400にん原爆げんばく犠牲ぎせいとなった同市立本川小学校どうしりつほんかわしょうがっこうにドームのおくりました。これまでおも色紙しきしいてきましたが、今回こんかい作品さくひん縦横たてよことも1メートル以上いじょうおおきなサイズの油絵あぶらえで「人生じんせい集大成しゅうたいせい」といいます。あわ色彩しきさいやさしい印象いんしょうは、爆心地ばくしんちからやく300メートルでドームをのぞ校舎こうしゃかかげられ、平和へいわまなどもたちを見守みまもります。

     はらさんは13さいのときに広島ひろしま被爆ひばくし、平和記念公園へいわきねんこうえんかよってドームのを3400枚以上まいいじょういてきました。しかし今年冬ことしふゆ自宅じたく風呂場ふろばころび、はるからは老人ろうじんホームにはいってくことがほとんどなくなっていました。

     下書したがきのまま自宅じたくのこしてきた油絵あぶらえになり、「(広島原爆ひろしまげんばくの)8がつむいかまでにげたい」と6がつごろからしゅう数回すうかい自宅じたくもどって絵筆えふでにぎりました。原爆げんばくにはいませんでしたが、9月初旬がつしょじゅんげました。「大変たいへんだったが、原爆げんばくドームのこころけたとおもう。せいいっぱいいた」。一方いっぽうで「もういえにこのがないとおもうと、こころあないたようだ」とつぶやきました。

     本川小ほんかわしょう爆心地ばくしんちもっとちか小学校しょうがっこうで、のこった校舎こうしゃどもたちの遺品いひんなどを展示てんじする平和資料館へいわしりょうかんとなりました。外国がいこくからもおおくのどもが平和学習へいわがくしゅうおとずれており、はらさんは「どもたちにてもらえるのはうれしい」と笑顔えがおせました。

     は、おとずれたどもと児童じどう交流こうりゅうなどに使つかわれている部屋へやかかげられました。6年生ねんせい児童じどうは「ピンクや水色みずいろやさしいいろ使つかわれていて、平和へいわ大切たいせつさがつたわる。すごくこころめられただとおもう」とはなしていました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

    2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

    3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

    4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです