メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアGPシリーズ

ザギトワ、今季の女子の主役に躍り出るか

昨季のジュニアGPファイナルで優勝し、エキシビションでもシニア顔負けの演技を披露したザギトワ=宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートの女子で今季、末恐ろしい15歳がシニアの大会にデビューした。アリーナ・ザギトワ(ロシア)だ。

 片手や両手を上げながら簡単そうにジャンプを跳ぶ。しかもショートプログラム(SP)、フリーともすべてのジャンプを、基礎点が1.1倍になるが疲労も影響しやすい演技後半に組み込む。容姿も美しい--。昨季の世界ジュニア選手権覇者は、グランプリ(GP)シリーズには第3戦の中国杯(11月3日開幕)から登場。来年2月の平昌五輪でも輝く存在になるかもしれない。

◆高難度のジャンプも軽々、昨季はジュニアで世界歴代最高

この記事は有料記事です。

残り1342文字(全文1599文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです