メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアGPシリーズ

ザギトワ、今季の女子の主役に躍り出るか

昨季のジュニアGPファイナルで優勝し、エキシビションでもシニア顔負けの演技を披露したザギトワ=宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートの女子で今季、末恐ろしい15歳がシニアの大会にデビューした。アリーナ・ザギトワ(ロシア)だ。

 片手や両手を上げながら簡単そうにジャンプを跳ぶ。しかもショートプログラム(SP)、フリーともすべてのジャンプを、基礎点が1.1倍になるが疲労も影響しやすい演技後半に組み込む。容姿も美しい--。昨季の世界ジュニア選手権覇者は、グランプリ(GP)シリーズには第3戦の中国杯(11月3日開幕)から登場。来年2月の平昌五輪でも輝く存在になるかもしれない。

◆高難度のジャンプも軽々、昨季はジュニアで世界歴代最高

この記事は有料記事です。

残り1342文字(全文1599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです