メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

28日公開「彼女がその名を知らない鳥たち」白石和彌監督 汚くも美しい男女の愛憎

映画の手応えを語る白石和彌監督=大阪市で、花澤茂人撮影

 28日から全国公開される映画「彼女がその名を知らない鳥たち」で、大阪を舞台に、とても共感できそうにない、くせのある男女が繰り広げる愛憎を描いた。驚きの結末が話題を呼んだ沼田まほかるの同名ベストセラー小説が原作。白石和彌(かずや)監督(42)は「まるで『木の中に眠っている仏を取り出しているだけ』という仏師のように、よけいなものを取りのぞきながら作り上げたようだった。幸せな時間だった」と振り返る。

 15歳年上の陣治(阿部サダヲ)と暮らす十和子(蒼井優)は、8年前に別れた黒崎(竹野内豊)が忘れられ…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです