メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

主権者教育、リアルタイム 高校、試行錯誤

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから最初の衆院選の投開票(22日)を前に、高校で主権者教育の取り組みが進んでいる。直近の新聞記事などを活用するケースが多いが、選挙の真っ最中だけに政治的中立性をどう保つかなど学校現場には戸惑いもあり、試行錯誤が続く。【青木絵美】

 福岡市早良区の福岡県立修猷館高校で12日、3年生約400人が各クラスのホームルームの時間を使い、衆院選の争点や各党の主張の違いなどをグループごとに話し合った。

 同校によると、3年生の約半数が衆院選で初めて選挙権を持つ。主権者教育そのものは年間計画に元々入って…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1148文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
  3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
  5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]