メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

主権者教育、リアルタイム 高校、試行錯誤

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから最初の衆院選の投開票(22日)を前に、高校で主権者教育の取り組みが進んでいる。直近の新聞記事などを活用するケースが多いが、選挙の真っ最中だけに政治的中立性をどう保つかなど学校現場には戸惑いもあり、試行錯誤が続く。【青木絵美】

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1148文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです