メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

主権者教育、リアルタイム 高校、試行錯誤

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから最初の衆院選の投開票(22日)を前に、高校で主権者教育の取り組みが進んでいる。直近の新聞記事などを活用するケースが多いが、選挙の真っ最中だけに政治的中立性をどう保つかなど学校現場には戸惑いもあり、試行錯誤が続く。【青木絵美】

 福岡市早良区の福岡県立修猷館高校で12日、3年生約400人が各クラスのホームルームの時間を使い、衆院選の争点や各党の主張の違いなどをグループごとに話し合った。

 同校によると、3年生の約半数が衆院選で初めて選挙権を持つ。主権者教育そのものは年間計画に元々入って…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです