衆院選2017

主権者教育、リアルタイム 高校、試行錯誤

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから最初の衆院選の投開票(22日)を前に、高校で主権者教育の取り組みが進んでいる。直近の新聞記事などを活用するケースが多いが、選挙の真っ最中だけに政治的中立性をどう保つかなど学校現場には戸惑いもあり、試行錯誤が続く。【青木絵美】

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1148文字)

あわせて読みたい

ニュース特集