メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選会 男子、一関学院が23連覇 女子、盛岡誠桜は11連覇(その1) /岩手

拳を突き上げ1位でフィニッシュテープを切る一関学院の下舘真樹主将=花巻市松園町の日居城野陸上競技場で

 師走の京都で開催される男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会の県予選会(岩手陸上競技協会、毎日新聞盛岡支局など主催)が19日、花巻市の日居城野(ひいじょうの)陸上競技場を発着点とするイーハトーブ花巻ハーフマラソンコースで開かれた。男子(7区間42・195キロ)は一関学院が2時間8分10秒で23連覇を達成。女子(5区間21・0975キロ)は盛岡誠桜が大会新記録の1時間10分47秒で11連覇を果たし、それぞれ都大路の切符をつかんだ。

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1100文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです