特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-屋敷伸之九段 第21局の4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

スクラムトライ

 図から[先]5六金と上がったのが力強い手だ。中央の位を支えると同時に後手の攻め駒を逆に攻めている。「手厚くされてどうもダメでしたね」と屋敷は言う。

 図から[先]7七桂の変化も感想戦で検討されたが、[後]同桂成[先]同角[後]7四桂[先]7五銀[後]6七飛成[先]同金[後]6六歩[先]同銀[後]同桂[先]同金[後]6五歩(参考図)と進められて深浦は「自信がありません」と言う。参考図から[先]6五同金なら[後]6七銀、[先]6七金なら[後]6六銀と食いつかれてしまう。

 本譜は先手の守備陣がスクラムトライを目指すかのように力強い進軍を見せる。中段に進んだ先手玉が寄りにくい格好となって深浦が負けない形勢を築き上げた。感想戦は[先]7七同玉と進んだところまで並べられ、以下の指し手の感想戦は無かった。屋敷は万策を尽くして粘り強く指したが、最後まで勝機は訪れなかった。(椎名龍一)

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文830文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集