決戦の現場

’17衆院選 18区 同じ顔ぶれ3氏争う /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岸和田、泉大津、和泉、高石、忠岡の4市1町からなる大阪18区。3選を狙う維新前職の遠藤氏と、前回2014年は比例復活した自民前職の神谷氏に、共産新人の矢野氏が挑む。民進党が擁立を予定していた新人候補は公示直前に希望の党の公認を得て国替えし、前回と同じ顔ぶれになった。神谷、遠藤両氏が激しく競り合い、矢野氏が追う展開だ。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1042文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集