メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

李成民氏=米ニューヨークで、本人提供

 9度にわたる国連安全保障理事会決議で制裁を科せられながら、核・ミサイル開発をやめる気配がない北朝鮮。米国との非難の応酬も続く。密輸や外貨稼ぎに関わり、北朝鮮の内情に詳しい脱北者らは現状をどう見ているのか。【ニューヨーク國枝すみれ】

情報がアキレスけん 国民覚醒恐れる当局 元地方警察・勤務李成民氏

 2009年に脱北し、昨年1月からは米ニューヨークの名門コロンビア大で政治や経済を学ぶ李成民(リソンミン)氏(30)。市内のコーヒー店でインタビューに応じ、滑らかな英語で語った。「いくら中国政府が北朝鮮への輸出を止めようとしても、密輸ビジネスを止めることはできない。密輸しているのは普通の中国人であり、彼らは国家の政策よりも、金を稼ぐことを優先している」

 李氏は中国国境に近い両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)で生まれた。20代前半で地方の警察当局に雇…

この記事は有料記事です。

残り2626文字(全文3001文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです