メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪問介護

1割負担利用で格差 検査院が改善要求

 老人ホームやサービス付き高齢者向け集合住宅に住む要介護者が併設された介護事業所の訪問介護サービスを受ける場合、1割の自己負担で利用できる回数が、入居していない人に比べて多くなる傾向にあることが、会計検査院の調べで分かった。検査院は19日、介護報酬の算定規定の運用に問題があるとして、所管の厚生労働省に改善を求めた。

 訪問介護サービスは種類(身体介助や生活援助など)や提供時間に応じて、算定の基になる「単位数」が定め…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 「漫画村」投稿役に猶予判決「悪質な犯行だが、被告はまだ若い」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです